--/--/-- (--)  --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/28 (Fri)  13:38

ヤママユ蛾 (山繭蛾)

 植木鉢の中に枯葉が!と思ってつまんだら分厚く生暖かくて

ビクビクと動いたので
びっくり  重そうに飛んでいったのをしつこく追いかけて

パチリ 
 15センチはありました。大きい

ヤママユ(山繭)という名前

ヤママユガ科のガの成虫は口が完全に退化しており、蛹化以降は一切の食餌を摂らずに幼虫時に蓄えた栄養だけで生きる。これはびっくりです。 そんなに我慢しなければいいのに。
お腹がすいていてはいい子孫は残せないよ。

前翅長は70~85mmとは厚く大きい。4枚の翅には、それぞれ1つずつ大きな黄茶色で目玉状の模様がある。幼虫ブナ科クヌギコナラクリカシなどの葉を食べる。年1回の発生で、出現期は8-9月頃。の状態で越冬する。

4回の脱皮を経過して熟蚕となり、鮮やかな緑色をした繭を作る。繭一粒から得られる糸は長さ約600~700m、1000粒で約250~300g程度の絹糸が採取される。この糸は「天蚕糸」と呼ばれる。

IMG_1472.jpg

IMG_1469.jpg



こちらはイラ蛾の幼虫

ナンキンハゼの葉にいるのを見つけました。以前刺されたことがありますが

ものすごく痛くて大変でした。10匹ほど見つけ退治
IMG_1493.jpg

ブルーベリーの木に卵も発見
IMG_1495.jpg



カリガネソウの花  花は斑入りに比べ2倍くらいの大きさはあります

IMG_1475.jpg


斑入りカリガネソウ 葉は爽やかで美しいのですが

花は小さくてあまり目立ちませんね


IMG_1484.jpg


スポンサーサイト
Comment

♪ みごとだね!

こんな蛾が飛んでたらびっくりだねv-363 めったに見られないもの発見したのかもv-219 植物と毎日向き合っていると、色んなものに出会えるんだね!!

    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。