--/--/-- (--)  --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/06 (Thu)  12:37

コガタスズメバチの巣

 今年もまた コガタスズメバチの巣が出来ていました。

巣の近くで草を抜いたりみょうがを採ったりしていたのに 全く気が付かなかったのです。

やたらスズメバチが近くを飛んでいるな   と思ってはいたのですが・・・

よく観察してみると ツタの中に作った時には、巣の周りのツタが枯れてきます。


それは、ツタの茎の皮を剥いで巣を作るので、かじられたツタはそこから枯れてきます。

IMG_0864.jpg

結構大きな巣ができていて 刺されたら大変だから早く退治しないと 

1mぐらい近づいてみました。   見張り役が じっと見ています。 
IMG_0829.jpg

綺麗な模様の巣を作るものですね
IMG_0855.jpg
よく調べてみると ・・・・

特徴
 - コガタといってもそれほど小さくはなく、オオスズメバチと雰囲気がよく似ている。

習性 - 平野部から低山帯にかけてよく見かけるスズメバチで、軒下や枝葉の茂った樹木などに小ぶりのスイカくらいの大きさの巣を作る。キイロスズメバチの巣と似ているがそれより小形で、表面のウロコ模様は太くてハッキリしている。デザインがなかなか見事。
 性格はオオスズメバチほど攻撃的ではない。巣に急接近すると警戒態勢をとられるが、少しくらい近づいても威嚇はしてこない。
 このハチに刺さる被害も比較的多いようだが、それはこのハチが低木の枝に巣をかけることが多いため。気付かずにその枝を揺すってハチを怒らせてしまうといった事例がほとんどのようだ。人間が巣の存在に気付いて気をつけていれば刺されることはまずないと思う。

そ〜か~ 巣の退治 どうしようかな 





IMG_0710.jpg

スポンサーサイト
Comment

    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。