--/--/-- (--)  --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/21 (Tue)  16:32

フタモンアシナガバチ

夕方 草むしりをしていたら手に激痛が!!!!

なんだ!なんだ! と周りを見渡すとアシナガバチが何匹も飛んでいた。 


アシナガバチは庭に結構飛んでいたけど 刺されたのは初めてです

だんだん痛くなり手はパンパンに腫れてきた

醜くて写真には撮れないほど腫れてしまった。

次の日には腫れもひくかなと思っていたら まだパンパンのまま

心配になってお医者さんへ行ってきました。

塗り薬と飲み薬2種類 すぐに病院で一錠飲み帰宅。

薬を飲んで2日目の朝 少し腫れが引いたような感じで

拳が握れるほどになってきた。

シソの葉に隠れてて気が付かなかった蜂の巣を

見つけてきました。

結構 大きい  

先日 シソの葉をかき分けみょうがを採ったのに全然気が付かなかった。


IMG_0528.jpg
 
IMG_0530.jpg

お腹に黄色い紋が二つあるので フタモンアシナガバチと判明
IMG_0524.jpg

特徴 - 平野部でよく見られる黒と黄色の小さなアシナガバチで、腹部の第二節に紋が2つある。

習性 - 巣は石垣の隙間、植木や薮の中、建物の隙間などの比較的低い位置に作られることが多い。
 大人しいハチで巣に近づいただけでは攻撃されることはないが、大きく成長した巣では揺すったりすると刺しにくる。それとなぜか干しておいた洗濯物に付いたまま取り込まれてしまうことがあるので要注意。その状態では攻撃性はないが、気付かずに触れたり圧迫すると刺されることがある。
 また秋の日だまりで多数飛び交っていることがあるが、これはほとんどがオスなので刺される心配はない。

性質 - スズメバチに比べればおとなしく、巣を強く刺激しなければまず刺してはこない。刺傷は子供などが巣を刺激して起こるケースと、洗濯物等に紛れ込んでいるアシナガバチに気づかず起こるケースとがある。毒はスズメバチに比べれば弱いが、アナフィラキシーショックにより死亡することもあるので、過去に刺されたことがある人は注意が必要。また刺された時の痛さという点ではスズメバチよりも強いとも言われている。 

  

スポンサーサイト
Comment

    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。