--/--/-- (--)  --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/19 (Sun)  13:21

ミズヒキの名前の由来

 斑入りのミズヒキが2種類 毎年あちこちから生えてきます。

斑入りなので間引いて少し残していますが、野山にある斑の入っていない

ミズヒキは庭に生えていると即 抜いてしまいます。

斑が入っているだけで雑草扱いされないのです。(我が家では)
IMG_0491.jpg
名前の由来
ミズヒキという名は、贈答品や封筒に付けられる

飾り紐の水引
(みずひき)が由来。

花穂の形と、花が上から見ると白くて下
(裏)から見ると

赤いことから、紅白の【祝い】水引にみたて
たようです。

書いてありますが 上から見るとで下側は白でした。
 
花が小さいのでよく観察しないとその由来にも気づきにくいと思います。

IMG_0486.jpg
白花には葉に白い斑ははいらない 

花が小さいので私のデジカメではピントを合わせられない 
IMG_0496.jpg

私の天敵 (いっぱいありますが)その1

カタツムリ  
葉を食害し 糞も葉の上にまき散らし汚い奴です。 

今年は雨が少ないのであまり問題なかったのですが、

今朝 朝顔の葉の上で赤ちゃんカタツムリを発見。

写真を撮った後即 
カタツムリの天敵 

カタツムリを主食とする動物(
天敵)としては、ホタル類の幼虫や

オサムシ類のマイマイカブリがよく知られている それと私だ  

カタツムリには
右巻き(右旋:dextral)と左巻き(左旋:sinistral)があり、

上から見て、渦の中心からどちら回りに殻が成長するかで決められる。

実際に区別をするには、殻頂を上にして殻の口を自分の方に向けたとき、

殻の口が右にあれば右巻き、左にあれば左巻きとするのが簡単である。

日本産のものでは種ごとに巻きの方向が遺伝的に決まっており、

大部分の種は右巻きである

へ~~~そうなんだ

カタツムリはじっくり見たことがなかったので今度じっくりと観察してみようと思います。
IMG_0462.jpg

IMG_0463.jpg
スポンサーサイト
Comment

♪ No title

以前、ミズヒキを散歩道でよく見かけていたのですが、花じたいあんまり小さくてよく見ていなかったのですが、実際はこんな可愛い花だったんですね!斑入りのものもあったんですね~。

    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。