--/--/-- (--)  --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/03 (Sat)  23:18

ルバーブの花

 数年前に種から育てたルバーブ
一度ジャムにしたら、家族は誰も食べてくれなかったので
以後はほったらかし。毎年今頃花が咲きます。
少しずつ株を大きくしながら丈夫に育っています。
葉には有毒のシュウ酸があり軸だけを食べます。

ズイキやフキのように葉の軸(葉柄)を食べます。それ自体は酸味が非常に強いのですが砂糖との相性がよく、ルバーブ・ジャムやルバーブ・フール(甘く煮たルバーブと生クリームを合わせたもの)が定番的な食べ方です。薬効があり、おなかによいと言われています。
科名:タデ科
学名:Rheum rhabarbarum
別名:ショクヨウダイオウ
原産地:シベリア
草丈:1m-2m
開花期:5月~7月

IMG_5997.jpg 

IMG_5998.jpg 

IMG_6000.jpg 

IMG_5999.jpg 

今年もう一度作ってみようと思います。
スポンサーサイト
Comment

♪ 思い出した

ルバーブのアップを見てアメリカにいたときを思い出しました。
夏前になると果物の横におかれていて最初はなんだろうと思っていました。聞いたらジャムにしてパイを作ると聞きました。
食べると、甘酸っぱくてパイにはよくあっていたような気がします。アメリカでは季節ものなんですね。

ルバーブを育てていたなんてびっくりです。根本の茎だけしか見たことがなかったので花も咲くんですね!

    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。