--/--/-- (--)  --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/03 (Tue)  20:56

秋の花

 ゲリラ豪雨!? 夕立?
周りは晴れているのに突然 強風と豪雨。
慌てて窓を閉めてまわり、洗濯物を取り込み・・・
20分くらいで何事もなかったように晴れてセミも鳴き始めました。
全く・・・(^_^;)

秋海棠(シュウカイドウ)
毎年この場所に咲く花です。
十数年前、山でそれまでに知っていた種類より大型で
花も大きかったので珍しいと思い種をとって帰り
この辺にパラパラと蒔いたのが始まり。

-来歴-
園芸でよく親しまれている草花、ベゴニアの仲間です。
中国からマレー半島にかけて自生する冬を越して
毎年育つ草花で、地下に塊茎(球根)を持ちます。
日本に渡来したのは1640年ころで、その後日本国内での
伝播は早かったそうで、現在では元々日本にあった
植物かのように野生化したものや庭園などで
ごくあたりまえに見ることができます。

IMG_4943.jpg

この花が咲くと秋の気配を感じます。
IMG_4942.jpg



ユーパトリュウム 
和名:藤袴(フジバカマ)ですが
この花は西洋藤袴(コノクリニウム)です。
西洋フジバカマユーパトリュウムで流通しています。


ユーパトリュウム
セレスチナム(青葉なフジバカマ)

IMG_4926.jpg

ユーパトリュウム セレチナム”アルバ”
(白花フジバカマ)
IMG_4929.jpg


ユーパトリウム チョコラータ

葉がブロンズ色の銅葉品種。草丈約1.2m

花期は9月から10月 だからまだあまり咲いていないんだ~
夕方撮ったので暗い画像になってしまった。
IMG_4938.jpg

IMG_4937.jpg

スポンサーサイト
Comment

    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。