--/--/-- (--)  --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/31 (Tue)  14:46

斑入りカリガネソウ

斑入りカリガネソウ

花の時期はまだですが葉が何とも言えず涼しげで爽やかです

CIMG1520.jpg

カリガネソウ
CIMG1519.jpg


花はとても美しいのに葉の匂いが 臭いが・・・・

それで春先にあまり気にならないところに移動しました

本当は抜いてしまおうかと思ったのですが

斑入りのカリガネソウはあまり匂いもなく 葉も小ぶりです


ピラミッドアジサイ 

ノリウツギ(糊空木)

タイプ:ユキノシタ科アジサイ属の耐寒性落葉低木
栽培適地:北海道南部以南
開花期:6月~9月
樹高:1.5~2m
日照:半日陰むき・・・

日当たりのよい場所 ↓

CIMG1510.jpg

半日陰で育ったノリウツギ ↓

日当たりの良いところで育っているものと比べると

育ちは遅い

CIMG1508.jpg



虹色スミレ  リカちゃんのこぼれダネ

どんな色の花が咲くのか植え替えして育ててみることにする

親株と同じ花は出ないと思うけど どんな花なのか


CIMG1507.jpg



しまちゅ~君
頑張って可愛く撮ってみたけど~~~無理かも 

CIMG1525.jpg



CIMG1532.jpg

CIMG1533.jpg

CIMG1528.jpg


スポンサーサイト
2012/07/24 (Tue)  11:28

ツゲの選定

柘植の選定  今日で2日目

涼しかった日には思いつかないで

暑くなった昨日 

なぜか急に剪定をする気になってしまった

誰もしてくれないので仕方なくですけど 


CIMG1439.jpg

すっきり~
CIMG1477.jpg


目つきは悪いけれどなぜか憎めない顔をしている

三毛猫ちゃん 

前の家の猫なのに あちこち転々としている

呼んでみたら来たので キャットフードを

あげてしまった

毛はフサフサよ(毛が長い猫はこの辺では珍しい)

依然見かけたときはもっと太っていて

ボールが歩いているようでした



CIMG1474.jpg

CIMG1452.jpg

CIMG1445.jpg


我が家のいつもの仲良し2匹

定期的に連れて行ってる病院へ

お注射に行ってきました

面倒なので2匹一緒のバッグに入れていきます

CIMG1472.jpg

CIMG1471.jpg




2012/07/23 (Mon)  09:57

谷渡りの木・・・セファランサス・ムーンライトファンタジー

半信半疑だったのですが 咲いた花を見比べてみると

そっくりなのでやはり谷渡りの木!ですよね 

 谷渡りの木(タニワタリノキ)は、九州以南に自生する常緑低木で、

夏に咲く球形の花がとてもユニークな形で、

別名:人工衛星の木とも呼ばれています。


5メートル位になると書いてあった   そんなに大きくなると困るなぁ

今70㎝位だからいいけど 要考慮

半耐寒性常緑中低木と書いてありますが

北関東の我が家では落葉 しかし-9度でも耐えました


やっぱりおかしい


CIMG1434.jpg

後日・・・・・・

セファランサス・ムーンライトファンタジーと判明

同じアカネ科だが学名・属も違い 落葉低木なので、アナベルやノリウツギのように

新梢咲なので、春に伸びた枝に花を咲かせるタイプ。だから大きさの管理がしやすい

耐寒性も -10°C と書いているので北関東で 育ってるわけだ!


 トマトの収穫


CIMG1424.jpg

いつもはミニトマトしか植えないのですが

今年は苗をもらったので仕方なく植えました。

大玉トマトは大変だと聞くので一度も挑戦したことはない

支柱をし伸びた枝を縛っていっただけで

 消毒なし、雨除けなし 

そのままにしてたら何とかできました。変なのもありますが

自宅で食べるのには十分です。



CIMG1426.jpg

ハート形のミニトマト トマトベリー ガーデン 

よく熟すと ”アイコ” より甘いし 熟しても皮が破れにくいので

毎年作っています。



CIMG1428.jpg

ズッキーニの黄色の種をまいたのに

終わりころになるとまだらなズッキーニが出来てきて

ちょっと気持ち悪い柄になっています


CIMG1429.jpg

CIMG1430.jpg
パプリカの赤 と 黄色

もうすぐ収穫できそうです 

2012/07/20 (Fri)  13:35

寒いくらいの今日の気温

 全く極端な気温の変化 

いくら庭仕事をしても汗もかかず快適な今日のお天気 

じっとしていると寒いくらいで一枚羽織って外に出ました

毎日こんな感じだといいなぁ 仕事がはかどるからね

今日みたいなお天気だと無性に花屋さんに行きたくなる

今 じっと我慢している状態です

今の庭の状態

CIMG1409.jpg


 4年前にネットで無料の種を分けてもらい蒔いたのですが

大きくなるだけで花は咲かず しかも花の名前も

解らなくなったので全部抜いてしまったのですが

一本だけ根が残っていたらしく

また芽が出て大きく育っていました。

邪魔なので抜こうとしたら蕾を発見!4年目にして・・・

調べてみると 

谷渡りの木(タニワタリノキ)

アカネ科タニワタリノキ属の常緑低木

でも常緑ではなかったような・・・間違いかも・・

 
CIMG1387.jpg

ニセアカシア セローシア


要注意外来植物 !

びっくりです  まさか・・・・・

ライムグリーンでとっても美しく前から欲しかったので 

何も考えないで購入してもう5年 みるみる大きくなりました。


ものすごく厄介な植物なので庭には植えないほうがいいと。

大きくなるしひこばえはすごいし 種でも増えるし・・・

そして樹皮には毒があり鋭いとげもある(これは確認済み)

3株ほどこぼれ種で出たのを見つけました

でもこぼれ種で出たものは ライムグリーンではなく

緑色の普通のニセアカシアで同じものは出ないのかもしれない

CIMG1392.jpg

親株の葉↓

CIMG1394.jpg

こぼれダネの葉 ↓

CIMG1393.jpg

【ボックセージ】
学名:Salvia uliginosa
シソ科アキギリ属
半常緑低木
別名:サルビア/ウルギノーサ
CIMG1400.jpg


ピエールド ロンサール

2番花 今年は蕾がたくさんついた

CIMG1395.jpg


CIMG1403.jpg




2012/07/15 (Sun)  15:09

シデムシ君

 
昨日の夕方 庭に18センチくらいのネズミの死骸を発見! 

前の家の猫の仕業だな!(うちの猫達はそんな気力はない)

CIMG1373.jpg

これは次の日に確認に行かなくてはと思い

今朝見に行ってきました。

やはりそのネズミは土の中へ!その画像は載せられない 

以前も短時間で土に埋まっているので調べてみたことがある。

その犯人はシデムシ その虫は草を抜いたりしたときに

よく見かける甲虫だったのですが、そんな死骸を引きずり込んで

食べてしまうような虫には見えなかったので驚きです。

シデムシにはいろいろ種類があり我が家で見かけるのは

ヒメクロシデムシのようだ (定かではないけど)

 これからはもっと観察をしようと思う


しかし、シデムシがいなければその辺死骸だらけらしい

すごいぞシデムシ君 

シデムシは、動物の死体に集まり、それを餌とすることで
有名な甲虫である。
名前の由来は、死体があると出てくるため、
死出虫」と名づけられたことによる。
また、死体を土に埋め込む習性をもつものもあるため、
漢字では「
埋葬虫」と表記することもある。



2012/07/14 (Sat)  21:34

7月の花 ナンキンハゼ (南京櫨)

 ナンキンハゼの花が咲いているのを発見!

何4年ぐらい前だったかもしれないけど 

なぜこの木を買ったのか記憶がない 

ナンキンハゼ(南京櫨)を調べてみると 


科 名 :トウダイグサ科 Euphorbiaceae
属 名 :ナンキンハゼ属 Triadica Lour. (1790)
旧属名 :  シラキ属 Sapium Jacq. (1763)
中国名:烏桕 wu jiu
英語名 :Chinese tallow tree
原産地 :中国 中・南部
用 途 :庭木、街路樹
中国では 種子から採れる蝋で蝋燭を作ったり、有毒だが質の良い種子油で石鹸を作ったりする。 日本には江戸時代に伝わったとされ、蝋の採取用に栽培された。
漢方では根皮を乾燥したものを「烏臼」と呼び、利尿に用いる。

CIMG1358.jpg

CIMG1368.jpg

CIMG1357.jpg
アブラハムダービー

今年2度目の開花です いい香りで好きなバラです
CIMG1353.jpg

こぼれダネの クフェア・ リーガルパープル 

花は小さくてあまり目立ちませんが

よぉく見ると 可愛いかな
CIMG1354.jpg

CIMG1355.jpg


名前は分からないのですが ミント系ハーブ 

5年くらい前から庭に植えていて

夏には蒸れて腐ってしまっていたのに

植え替えた場所が良かったのか 茎が立ち上がって

今年初めて花が咲き始めました

驚異的な繁殖力です


CIMG1359.jpg

CIMG1367.jpg




2012/07/13 (Fri)  00:42

猫の親子

最近 前の家の猫が子猫を連れてくるようになったのです

依然この雌猫が3匹生んだのは聞いていたのですが・・・・

連れてくるのは1匹だけで 今日の朝は我が家のデッキで

寝てました。 お泊りです 

困るんですけどぉ~~ 

母猫の名前は ズル子! 我が家に来てうちの猫を

押しのけてご飯を食べるし、 うちの猫が食べようとすると

バシッと手でたたくし 怒るし 気の強い猫です。 

我が家の猫達がだらしないのもありますが・・・

しかしもっと困るのは 親子で風邪をひいているのです! 

げほっ げほっと咳はするし 鼻水は出ているし・・・

病院へ・・・・・・ いや だめだめ!

 もう2匹も我が家で引き取っているし


自力で治してほしいです。 

CIMG1347.jpg

CIMG1346.jpg

CIMG1341.jpg

CIMG1343.jpg



2012/07/11 (Wed)  21:58

えんぴつ画

 前回 傘を描きました

傘をこれだけ真剣に見たのは初めて     

傘は見るものではなく差すものですよね 

えんぴつ画を始めなければ傘を描くなんて

ありえなかったなと・・・もう二度と描かないと思うなぁ~

CIMG1317.jpg


今回描いた籠

2時間で仕上げなくてはいけないので

後半になるとつい時計を何度も見てしまう

このような細かく描く作業が多いものだと

時間が足りなくて最後には仕上げる為に

適当にごまかしてしまう

書いているときは感じないのですが

書き終わった後は

眼も疲れ 肩 首 頭 全部痛くなってぐったり 

CIMG1316.jpg

2012/07/08 (Sun)  10:27

ヒペリカム 3種  ギョリュウ

ヒペリカム 

学名:Hypericum calycinum
オトギリソウ科オトギリソウ属
半落葉低木

ヒペリカム ゴールドフォーム


CIMG1248.jpg

ヒペリカム アンドロサエマム (銅葉)

CIMG1245.jpg

ヒペリカム ピンクスター

CIMG1252.jpg

ギョリュウ (御柳)

和名は漢名の御柳の音読みで、楊貴妃が、

この木をわざわざ後苑に植えさせ、

簾を隔てて観賞した事から、御柳の名で呼ばれるように

なったと言われています。

枝の先端に花が付きやすく、年3度も花が咲くので

なかなか剪定ができなく 伸び放題!

CIMG1303.jpg

2012/07/07 (Sat)  12:32

7月の花

 高温多湿の7月でもその時期になると元気に咲く草花達

エキナセア 白


CIMG1250.jpg


ガイラルディア 2年目です ガイラルディアの名前は

フランスのガイヤール・ド・シャラントノート

という人物にちなみます。

和名 テンニンギク オオテンニンギク
 

CIMG1279.jpg

2年目のロシアンセージ 耐寒性 -20度 すごい!

CIMG1247.jpg

クナウティア アカバナマツムシソウ ワイルドスカビオサ
 ノーティア アーベンシス 

調べるといろいろ名前が出てくる ピンクはクナウティアの

種を購入し 赤花はマツムシソウで苗を購入

赤花と同じものが播種した中から育ったので

同種だと分かった    全く紛らわしい 



CIMG1256.jpg

CIMG1270.jpg

ルドベキア タカオ

CIMG1246.jpg
 
カタナンケ

CIMG1249.jpg


ヘメロカリスと思いきやヤブカンゾウ八重 購入の記憶がない 

CIMG1254.jpg


ルドベキア

CIMG1238.jpg

リシマキア キリアータ ファイアークラッカー

地下茎で増えるので要注意

CIMG1237.jpg

黒ほうずき 

CIMG1176.jpg

種 


CIMG1180.jpg

毛艶の悪い でぶりん 2匹とも2週間に一度口内炎で病院へ通っています

先日病院へ行ったら 涙目ですね!と言われた へっ?!そうですか?

お薬を2種類飲むことになり・・・・

CIMG1297.jpg

いつも元気なももちゃん

しかし 写真写りがどうしても悪い・・ 


CIMG1032.jpg




CIMG1014.jpg

2012/07/03 (Tue)  21:06

ジャガイモの収穫

 きのうの夕方 ジャガイモ掘りを始め、今朝から本格的に作業開始 

9割方まで進んだところで 疲れてやめてしまった。

畑で乾かしていると雨が降り始め、慌てて取り込みの作業。

天気予報も見ないで始めたのがいけなかった 

しかしどうするこのジャガイモ!! 


農家みたいに納屋がないからしまうところもない 

よくばって作りすぎてしまった。

きのうの夕方収穫

昨日の収穫 
CIMG1205.jpg


今日の収穫

CIMG1208.jpg


サツマイモのようなノーザンルビー

CIMG1209.jpg





2012/07/02 (Mon)  15:54

半夏生と烏柄杓 

 半夏生(はんげしょう) 

CIMG1199.jpg

半夏生の半夏〔はんげ〕は「烏柄勺(からすびしゃく)
」という薬草のことで、6月に鞘をつけ半夏の生える時期を
指して半夏生というのではないかとも考えられています。

半夏生の時期は烏柄勺の生える時期と覚えると、
分かりやすいです。


また、半夏に似た名前の「半夏生」という毒草も存在していますが、
半夏とは全く別の種類の植物です。こちらは化粧を施したような
真っ白な花が咲くため、「半化粧」と名づけられ、
それが変化し半夏生になったのではないかと言う説があります。
烏柄杓は家の庭にたくさん生えていますが草を採る時に
一緒に抜いてしまうので最近花を見ることはないです。


私は、柄杓というより蛇の顔に似ていると思うのですが・・・


photo




雑草と化している我が家の半夏生

CIMG1198.jpg





2012/07/01 (Sun)  22:15

7月の庭

仲良し2ニャンズです 
 
CIMG1161.jpg

CIMG1148.jpg


CIMG1157.jpg

 
アンベルボア ムリカタ

3月17日に播種 


CIMG1141.jpg


ダリア ネーゲルスコップ


CIMG1145.jpg


春の舞(たぶん)


CIMG1162.jpg


 
唐糸草 絹糸のような花の様子が、

まるで外国(唐)からきた糸のように 美しいことから「唐糸草」


CIMG1138.jpg








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。